プラセンタの基本知識

プラセンタ

プラセンタというと、今ではアンチエイジングのための、美容・健康サポートに役立つ成分として知られるようになりました。
ただ、実際のプラセンタは、現在のように身近な存在になる前は医療用として使用されてきた成分でした。

 

また、プラセンタの原料として知られるようになった、馬プラセンタや豚プラセンタ、羊プラセンタ、他にも最近では海洋性プラセンタや植物性プラセンタといった疑似プラセンタまで登場していますが、元々医療現場で使用されてきたのは人間の胎盤から抽出されたエキスを指すものでした。

 

プラセンタの成分・栄養

プラセンタは胎盤を原料としていますが、この胎盤には母体が赤ちゃんを育てるために多くの栄養を送る管の役割を果たします。
そのため、胎盤には多くの栄養が含まれており、動物は出産後に自らの胎盤を食べることで、失われた体力の回復を図っていると言われています。

 

野生の知恵とも言えますが、それくらい胎盤には生きるのに欠かせないエキスが含まれているわけですね。

 

プラセンタに含まれている成分

アミノ酸・たんぱく質・糖質・ビタミン・核酸・脂質、脂肪酸・ムコ多糖体・ミネラル・酵素・活性ペプチドといった体を構成するのに必要な栄養がたっぷりと詰まっています。

 

医療分野でのプラセンタ

医療分野では私達に身近なサプリメントやドリンクなどではなく、注射で行われることが多いです。
医療用のプラセンタは厚生労働省で認可された医薬品で、プラセンタ注射として知られています。

 

その目的は慢性肝疾患治療、更年期障害などに使用されており、保険適応も認められています。
他にも美容目的として、美白、シミ、しわ、たるみといったお肌のお悩みに対して打つこともあります。

 

市販のプラセンタとの違い

プラセンタサプリなど、私達が手に入れられるプラセンタは医療用のプラセンタと違いがあることを知っておく必要があります。
まず、医療用のプラセンタは上述しているように人間の胎盤から抽出したヒトプラセンタが原料となっています。

 

一方、サプリやドリンク、化粧品などに含まれているプラセンタは、動物の胎盤を使用した動物性プラセンタです。

 

人間と同じように胎盤を持つ、豚や馬、羊の胎盤を加工し、エキスを抽出しています。

 

そのため、ヒトプラセンタでプラセンタ注射を打った時のような効果が期待できるように紹介されていることも多いですが、実際にはプラセンタをサプリで摂取した場合は美容や健康のための栄養補給として捉えておく必要があります。

 

例えば、飲んで肌が美白ができるということではなく、飲むことで肌のターンオーバーをサポートするプラセンタの栄養を補うことで、健康的な肌作りに役立てられるというのが基本ですね。

 

ただし、動物性のプラセンタにも豊富な栄養が含まれており、女性に嬉しい、成長因子のたんぱく質、アミノ酸が多く含まれているので、継続して飲むことで、不足していた栄養が補うことができ、健康的で若々しい体を保つのに役立つという点で、飲んでいる方も良さを感じている方が多く、人気が高いんです。

 

 

プラセンタサプリは医薬品ではありませんので、基本はプラセンタに含まれる栄養を摂れるということです。
薬のように飲んですぐにしわが消える、シミが消えることはありませんが、スキンケアの基本として外側からのケアに加えて内側からの栄養補給が重要なため、プラセンタは健康をサポートするのに役立つというわけですね。


 

馬プラセンタサプリ|エイジングリペア

 

エイジングリペア公式サイトへ